• ルックJTBの魅力
  • ツアーラインナップ
  • 特集・キャンペーン
  • 行き先別情報
  • サイトマップ
トップ 一度は泊まってみたい世界のホテル > アマンコラ プナカ、ティンプー、パロ(ブータン)

アマンコラ プナカ、ティンプー、パロ(ブータン)

一度は泊まってみたい
世界のホテル
Hotels of the World

画像
アジア

プナカ、ティンプー、パロ(ブータン)
アマンコラ

伝統を受け継いだ建物、パチパチ音を立てる薪ストーブ、木のぬくもりをたたえたスィートルーム。先進国の大都会の贅の限りを尽くすホテルでは味わえない心地よさ、そして温かみ。まるで「お帰りなさい」とでも言うようにお客様を高いホスピタリティでお迎えするアマンコラは心からくつろげる「HOME(家)」がコンセプト。木の温かみがあふれる内装が特徴です。

  • ●総客室数
    ティンプー 16室、プナカ 8室、ガンテ 8室、パロ 24室
  • ●レストラン・バー
    ティンプー 1つ(西洋料理、タイ料理)、プナカ 1つ(西洋料理、ブータン料理)、ガンテ 1つ(西洋料理、ブータン料理)、パロ 1つ(西洋料理、日替わりでブータン料理またはインド料理)
  • ●プール
    な し(ティンプー、プナカ、ガンテ、パロ共通)
  • ●スパ
    あり(別料金/ティンプー、プナカ、ガンテ、パロ共通)
  • ●フィットネスセンター・ジム
    なし(ティンプー、プナカ、ガンテ、パロ共通)
  • ●Wi-Fi
    ロビー(無料)、客室(無料)(ティンプー、プナカ、ガンテ、パロ共通)
  • ●日本語スタッフ
    不在
  • ●客室設備
    ヘアドライヤー、セーフティーボックス、バスローブ、スリッパ、湯沸しポット(お申し出要)、ルームサービス(無料(料金に含まれる/06:00〜23:00))

このホテルの一押しはココ

5カ所に点在するリゾートの名は全て「アマンコラ」
現在、ブータンには5軒のアマンがありしかもその全てが「アマンコラ」です。2015年4月に東京でお目にかかったJohn Reed総支配人に伺ったところ、ヒマラヤの山襞に刻まれた深い谷をもつブータンの地勢に触れられ、「谷を越えるたびに万華鏡のように人々や風景や文化が変わっていく、だから国のあちこちを訪ねて欲しい。でもどの地に行こうとも変わらぬアマンのホスピタリティとクオリティでお迎えする、だから全てアマンコラなのですよ」と聞かされました。今回3カ所のアマンコラをつなぎながらこの王国をさまざまな角度からお楽しみいただける日程をご用意しました。
  • 画像
    アマンコラ・ティンプー 外観
  • 画像
    アマンコラ・プナカ 中庭
  • アマンコラ・ティンプー 外観
    訪れる3つのアマンコラ全てがその周辺の自然に調和し伝統のブータン様式を取り入れた外観で、アースカラーとブータン様式に取り入れられる白との組み合わせが秀逸。
  • アマンコラ・プナカ 中庭
    ブータンの伝統建築様式の建物とその周辺のプナカの自然を存分に感じることができるアマンコラ・プナカの中庭。天気の良い日はその景観を楽しみながらお食事を取ることも可。
  • 画像
    アマンコラ・パロ テラスからの眺望
  • アマンコラ・パロ テラスからの眺望
    自然のなかに調和したアマンコラに滞在しているからこそ見ることができる景色。ホテルの周りに広がる雄大な自然はゆったりと時を刻む大自然の一部になったかのような感覚を覚える。

このホテルの一押しはココ

5カ所に点在するリゾートの名は全て「アマンコラ」
現在、ブータンには5軒のアマンがありしかもその全てが「アマンコラ」です。2015年4月に東京でお目にかかったJohn Reed総支配人に伺ったところ、ヒマラヤの山襞に刻まれた深い谷をもつブータンの地勢に触れられ、「谷を越えるたびに万華鏡のように人々や風景や文化が変わっていく、だから国のあちこちを訪ねて欲しい。でもどの地に行こうとも変わらぬアマンのホスピタリティとクオリティでお迎えする、だから全てアマンコラなのですよ」と聞かされました。今回3カ所のアマンコラをつなぎながらこの王国をさまざまな角度からお楽しみいただける日程をご用意しました。
画像
アマンコラ・ティンプー 外観
アマンコラ・ティンプー 外観
訪れる3つのアマンコラ全てがその周辺の自然に調和し伝統のブータン様式を取り入れた外観で、アースカラーとブータン様式に取り入れられる白との組み合わせが秀逸。
画像
アマンコラ・プナカ 中庭
アマンコラ・プナカ 中庭
訪れる3つのアマンコラ全てがその周辺の自然に調和し伝統のブータン様式を取り入れた外観で、アースカラーとブータン様式に取り入れられる白との組み合わせが秀逸。
画像
アマンコラ・パロ テラスからの眺望
アマンコラ・パロ テラスからの眺望
自然のなかに調和したアマンコラに滞在しているからこそ見ることができる景色。ホテルの周りに広がる雄大な自然はゆったりと時を刻む大自然の一部になったかのような感覚を覚える。

ルックJTBがお薦めする訳

ヒマラヤの懐に抱かれた幸せの王国 国賓として日本に招かれ鮮やかな印象を残された若き国王に率いられ、国民総幸福(GNH)施策により伝統文化や自然を大切にしながら、ゆるやかに成長を遂げつつあるブータン王国。「日本人の琴線に触れる美しい風景とそこに暮らす穏やかな民との出会い」それこそがこの王国を訪れる価値と言えます。雄大なヒマラヤを背景に人々は伝統を守りながら日々の暮らしを丁寧に紡いでいます。
シャクナゲやジャカランダが見頃となる4・5月、日に日にその緑を濃くする棚田、深い谷に美しい雲がたなびく幻想的な6・7月、山の恵みを楽しめる松茸シーズンの8月、ブータン最大の祭りと田園の色が徐々に深みを増す9月、黄金色に輝く豊饒に目を奪われる10月。まるで歳時記をめくるようにどの風景にもある種の懐かしさを感じずにはいられません。そして無垢な子供たちのはじけるような笑顔に出会った時、本当の幸せとは何かと考えるきっかけになるかもしれません。

驚きを持って迎えられたブータンのアマンコラ 「アマン」の名は上質でラグジュアリーな旅好きな人々の間ではつとに有名です。ルックJTBでも長年タイ、インドネシア、フィリピンなどで多くのアマンをご紹介してきました。しかしブータン王国にアマンが登場すると聞いた時の驚きはかなりのものでした。まだまだ秘境と捉えていたこの国とラグジュアリーなアマンがどうしても結びつかなかったからです。
しかしティンプーに最初のアマンコラがオープンするや否やその評判は一気に揺るぎないものとなりました。伝統を受け継いだ建物、パチパチ音を立てる薪ストーブ、木のぬくもりをたたえたスィートルーム。先進国の大都会の贅の限りを尽くすホテルでは味わえない心地よさ、そして温かみ。まるで「お帰りなさい」とでも言うようにお客様を高いホスピタリティでお迎えしたアマンコラはこうしてブータンのHomeとなったのです
画像

ページトップに戻る

LOOK JTB 東京・新潟発トップ

出発地を選択
現在の画面は羽田・成田・新潟空港発を表示しています
ルックJTBの魅力

ルックJTBの魅力

テーマ別ツアー特集一覧

JTBならスタイルに合わせてご予約方法を選べる!

インターネット

jtb.jpにアクセスすれば、24時間いつでもJTBの多彩な海外ツアーを検索・ご予約いただけます。
ご予約完了後は、お客様専用サイト「たびページ」にてお支払などの各種手続きから疑問・質問への回答まで、予約から出発までをしっかりサポート!
インターネットでも安心です。

ネットで予約し、店舗で支払い

ひとまずインターネットで空席を確保。その後、お店で気になる点をスタッフに相談し、最終的なお支払いまで。JTBならではの便利なスタイルです!

お電話・メール

お電話・メールなら、いつでも気軽に、旅の相談をしていただけます。支払方法やチケットの受取方法も選べます。

-

海外ツアー

共通ナビダイヤル
0570-070-489
(受付時間)9:00〜20:30


「Web専用商品」のお問い合わせはこちら
0570-078-489
(受付時間)9:00〜20:30

店舗

全国約1,000のJTB店舗の中から、お近くのお店で!旅のプロに相談しながら、じっくり旅行をご検討いただけます。

お近くのJTB店舗

最寄りの店舗を探す

※店頭やお電話でご相談の際は、ご希望の「コースNo」をお伝えいただくとスムーズです。